トップ / コラム / 自分らしく、心地よく生きる40代こそ手に入れたい 私が輝くプラチナ・ジュエリー

[Sponsored]
自分らしく、心地よく生きる40代こそ手に入れたい
私が輝くプラチナ・ジュエリー

ファッション

[ 18.12.06 ]

Sponsored by プラチナ・ギルド・インターナショナル

Sponsored

落ち着いた輝きがコーディネイトに品を与え、流行に左右されず長く使えるプラチナは、毎日使えるジュエリーとして、大人の賢い選択。
美しく年を重ねる女性にとって、プラチナ・ジュエリーはともに過ごすかけがえのないパートナーになってくれるはず。

※素材表記はPt =プラチナ、DIA =ダイヤモンドです。

プラチナとダイヤモンドの輝きは、身につける人をより一層美しく見せてくれる。ボリューム感のあるリングは、立体的なフォルムが個性的。軽やかに揺れるピアスは、キラリと輝くダイヤモンドがアクセント。リングの楕円とピアスの長方形、それぞれのモチーフが絶妙にマッチ。

ピアス[Pt・DIA0.04ct]8万3000円(イトイ) リング[Pt・DIA0.36ct]38 万円(ラ・ソマ) ジャケット8万5000円、シャツ3万3000円(ともに_トモウミ オノ/チェルキ)

|EFFORTLESS|
“エフォートレスに 贅沢な気分を演出”

細やかなデザインが可憐でレーシーな印象のペンダントとリング。繊細に施されたダイヤモンドで、気負いなく使えるのが嬉しい。チェーンの細工でプラチナがさり気なくきらめくブレスレットと一緒に。

ペンダント[Pt・DIA1.50ct]110万円(ソノリテ) リング[Pt・DIA0.66ct]30万円(ベルブランシュ)ブレスレット[Pt]1万8000円(IJIMA) ニット4万9000円(ヤコブ コーエン/ヤコブ コーエン GINZA SIX)

|CONFIDENCE & PLEASURE|
“本物が与えてくれる 自信と喜び”

チェーンフリンジとピアスのロングチェーンをリンクさせて。ネックレスの南洋真珠は、着こなしに品格を与えてくれる。ピアスについたサイズの異なるボールが、揺れる度に顔まわりを華やかに。

ネックレス[Pt・南洋シロチョウ真珠]15万円(イトイ) ピアス[Pt]6万円(マザー・プラチナ) タートルネックニット1万1000円(ステートオブマインド/ゲストリスト) デニムパンツ2万4750円(rashink/ニンジニアネットワーク(ラシンク×リシュリュ))

|COOL & ELEGANCE|
“引き立つクールで エレガントな存在感”

マーガレットに着想を得て作られたというピアスは、職人の手作業による繊細な作りで、プラチナだけで十分美しく輝く存在感が魅力。さらに、ペンダントの7石のダイヤモンドが、凛々しく光る。フェミニンな品のよさと、シャープな白い輝きがベストなバランスでシンプルな着こなしを引き立てる。

ペンダント[Pt・DIA0.15ct]7万2000円(ウィスプ) ピアス[Pt]25万円(ラ・ソマ) ドットブラウス3万2000円(モガ)

|GRACEFUL BRILLIANCE|
“日常を特別なものにする 上品な輝き”

プラチナの立体的なセッティングがダイヤモンドを取り囲む、太陽をモチーフにしたアメリカンピアスは、軽い着用感でストレスフリー。同じくつけているのを忘れてしまうくらい、肌にフィットするチェーンネックレス。主張しすぎず、どんなスタイルとも相性がいいので、両方とも毎日愛用できるアイテムです。

ピアス[Pt・DIA0.50ct]53万円(ベルブランシュ) ネックレス[Pt]3万円(IJIMA) ニット10万円(テン/ブランドニュース)

-YUKA'S COMMENT-
「本物を知る大人だからこそデイリーにプラチナ・ジュエリーを」

プラチナって、カジュアルにもきちんとしたシーンにも使えるんですね。シンプルなジュエリーは、その人となりを表すもの。身につけていくうちに、その人自身になっていくような……。だからこそ、質のよいものを選びたい。ジーンズやTシャツに合わせて、気負わずさらっと、デイリーにプラチナ・ジュエリーをつけられたら素敵だなと思います。

|ETERNAL BEAUTY|
“純粋な美しさは これから先も変わらずに”

デザインの異なるアイテムをコーディネイトしても統一感が出るのは、プラチナの白い輝きだからこそ。自分らしさを表現するオリジナルな組み合わせを作る楽しみも。

ピアス[Pt]5万4538円(ギンザタナカ) ネックレス[Pt]44万4630円(プラチナ・ヴィーナス) リング[Pt]28万円(ラ・ソマ) ジャケット7万7000円、パンツ4万7000円(ともにストラネス/三喜商事) Tシャツ1万円(アッパーハイツ/ゲストリスト)

お問い合わせ先 プラチナ・ギルド・インターナショナル
www.preciousplatinum.jp

出典:「GLOW」2019年1月号
モデル=板谷由夏 撮影=竹内裕二〈BALLPARK〉(モデル)、青木和也(着用商品)、ケビン チャン(商品)  スタイリング=大沼こずえ〈eleven.〉(モデル分) ヘア= MATSU KAZ〈3rd〉 メイク=水野未和子〈3rd〉

  • SHARE
  • facebookでシェアする
  • google+でシェアする
  • Line It

pagetop