トップ / コラム / 45才からはじめる、節税&投資入門「女の後半に、お金の見直し」<節税編>

45才からはじめる、節税&投資入門「女の後半に、お金の見直し」<節税編>

[ 18.05.15 ]

GLOW presentsマネー

by GLOW

45才からスタートすれば、15年、20年後にしっかり差がつく節税や投資。優雅に歳を重ねるために、私たちはどのような備えをしていけばいいのでしょうか?実は、2018年は『iDeCo』や『つみたてNISA』など節税・投資に関する制度改正が相次ぎ、知っておきたい情報が満載なんです。早速、押さえておくべきポイントを確認しましょう。

2018年お金の最新事情

ファイナンシャルプランナーの風呂内亜矢さんにお話を伺います。「好景気が続いているとはいっても、給与やボーナスなど私たちの生活に直接影響するレベルではありません。また、景気がどんどんよくなってきて給与が上がっても、同じように物価の上昇が伴うことも考えられます。まわりに左右されず自分の生活ベースを守り、老後資金のために貯蓄を増やしていくことが肝心です。」
そうはいっても貯蓄だけど、お金はなかなか増えないもの。投資にも目を向けたいところですが、どれを選べばいいのでしょうか。
「資金作りのために注目したいのが、有利な投資の仕組み。最近では、小口から投資できるような方法が出てきて、『月3000円投資』など、初心者でも手軽にはじめられるものも増えてきました。なかでも『iDeCo』と『つみたてNISA』2018年に大きく変わり、スタートするためのハードルがぐっと下がりました。節税効果が高いのも見逃せないポイントです。」
今回は、節税編『iDeCo』についてご紹介します。

節税しながら年金が増やせる『iDeCo』

納税は国民の義務ですが、可能な部分は抑えたいもの。節税もできて、なおかつおトクにやりくりできる方法のひとつに、『iDeCo』があります。『iDeCo』は個人型確定拠出年金の通称。最低月5000円から運用して、老後にもらえる年金を増やすことができる制度です。定期預金や保険商品などの元本確保型の商品、もしくは投資信託などの価格変動型の商品から運用対象を選べます。それを60才になったタイミングで、年金または一時金の形式で受け取ることができるのです。

2018年からは制度変更によって、年払いが可能に。たとえばいままで月々1万円ずつ積み立てなければならなかったものが、年間で総額12万円を納めればOKに変わりました。ボーナスなどの年間スケジュールに合わせて、支払い金額を調整できるわけです。ただし可能なのは『経過払い(後払い)』のみになります。年始にまとめて1年分払うというわけにはいかないので要注意です。『iDeCo』の大きな特徴はその節税効果。拠出時には所得控除で大幅な具体的にいくら節税になるのかは、下の図をチェック。ほかにも運用中は利益の非課税、給付時にも各種控除の対象になるなど、さまざまなメリットがあります。

この他にも運用中の利益も非課税になるので、その節税効果は莫大!

実質2000円負担で返礼品が!『ふるさと納税』

特定の自治体への寄附で、返礼品を受け取ることができる『ふるさと納税』。限度額はありますが、確定申告をすることで、寄附した金額の2000円を超える部分が、全額所得税と住民税から減税されます。つまり、実質自己負担2000円で返礼品が もらえるわけです。換金性の高い金券類や家電などは返礼品から減りましたが、食料品でもまだまだおトクなものはたくさんあるので利用しない手はありません。そこで注目したいのが、5つの自治体までなら、確定申告なしで返礼品を受け取れる 『ワンストップ特例制度』。手続きは簡単で、申請書に必要事項を記入して、寄附をした各自治体に送るだけ。仮に6回以上ふるさと納税を行っても、5自治体以内であれば 利用可能です。また、この制度を利用した場合でも、「実質自己負担2000円」という部分は変りません。確定申告にわずらわしさを感じている方にはオススメの制度です。

自治体ごとに書類を送らなければならないことは念頭に置いておきましょう。

出典:「GLOW」2018年4月号
取材・文=井高玄貴<オフィス三銃士> イラスト=小迎裕美子

  • SHARE
  • facebookでシェアする
  • google+でシェアする
  • Line It

pagetop