トップ / 雑誌カバー / いつも機嫌よく過ごしたいから、 無理せず、いい手の抜き方を覚えたい

いつも機嫌よく過ごしたいから、
無理せず、いい手の抜き方を覚えたい

[ 18.06.28 ]

by GLOW

GLOWの年間テーマ「Aging Gracefully-わたしらしく輝く」は、新しい年齢の重ね方を考えるプロジェクト。ゆるっと優雅に自分らしく。を体現している大塚寧々さんの秘訣とは?

決めごとをせず
ストイックになりすぎない

20代の頃から変わらぬ透明感をキープし、少女のような可愛らしさと、しっとりした大人の魅力を併せ持つ大塚寧々さん。「あまり年齢を意識せず、自分にあれもこれもと厳しくしすぎないことが、幸せに年齢を重ねていくことでしょうか」と「Aging Gracefully-わたしらしく輝く」を語る。これを食べたら体に悪い、この運動をしなきゃいけない、と自分を縛らず、“決めごとをしない”“無理せず、いい手の抜き方を覚える”というのが、大塚さんが美しく年齢を重ねていく秘訣のよう。
「スキンケアにしてもそう。洗顔のあと、あれも塗らなきゃ、これも塗らなきゃというのはないんです。その代わり、どんなに眠くても化粧は落とさないことはないし、肌をこすりすぎないようタオルの当て方には気を使います」
ついつい年齢に抗おうと、肌にいいことや体にいいことを、あれもこれも取り入れようと考えがちだが「無理をしすぎて体を壊したり、時間がないとイライラするよりは、できる時にやる。行ける時に行けばいいと思って。その方が、いつも笑顔でいられますから」。

オーバーシルエットで上品なグレージュTシャツ。
ビッグTシャツ2万6000円(エイトン/ヴァリアス ショールーム) デニム2万3000円(アッパーハイツ/ゲストリスト) パイナップルバッグ8万2000円(トマジーニ/アパルトモン 神戸店) イヤリング7万7000円(カオル/カオル 伊勢丹新宿本店) ダイヤ付きバングル25万円(アルティーダ ウード/サザビーリーグ)

家では大学生の息子の母でもあり、妻でもある大塚さん。「ドラマの撮影で忙しくなると『明日の朝は作る余裕がないから、勝手に食べてください』と前の晩から宣言しちゃうんです」。疲れた時は素直にギブアップ。そんな大塚さんを家族もやさしく見守ってくれる。「ふたりとも家で食べるご飯が好きなんで、90%は私が作っています。だから理解があって当たり前(笑)。お味噌や調味料にはこだわりがあるし、せっかく食べるのなら美味しいものを食べさせたい。最低限のことはキープしつつ、体が欲しいと思うものを食べようと思っています。フライドポテトが食べたいと思えば食べ、酢の物が食べたければ食べる。無理な制限はかけず、ストイックにしたくないという思いがあるんです」

ロックTシャツにはキレイめアイテムを合わせて。
Tシャツ7000円(オアシス フォー アダム エ ロペ/アダム エ ロペ) スカート1万5000円(ユナイテッドアローズ/ユナイテッドアローズ アトレ恵比寿 ウィメンズストア) バッグ4万8000円(メゾン ボワネ/ウィム ガゼット ルミネ新宿店) ビーズネックレス6900円(シャシ)、バングル17万円(ハウボウ デザイン/ともにアパルトモン 神戸店) イヤリング1万円(ドミニク ドゥネーヴ/エリオポール代官山) レザーブレスレット2万4000円(マリア ルドマン/ヴェルメイユ パー イエナ 天神ヴィオロ店) サンダル1万5000円(オデット エ オディール/オデット エ オディール 新宿店)

年齢を重ねるごとに、
行動力、瞬発力が増してきた

ご主人である、俳優の田辺誠一さんや19歳の息子さんと3人でよく家族旅行をするという大塚さん。「今年の初めにも、大好きなデンマークのレストラン『ノーマ』の予約が取れた! と、家族でヨーロッパに出かけました」と嬉しそうに話してくれた。
「夫とは波長が似ているから、どこに行くのも楽なんだと思う」。思い立ったらすぐに旅の手配。業者などを使わず、すべて田辺さんとふたりで行うのだとか。航空券の手配からホテル、時にはヨーロッパで乗り継ぐ列車やレンタカーの手配まで、どちらかがパソコンを使って予約したり、時にはふたりで画面をのぞき込んで旅の計画を練るという。
「私は自分がやりたいこと、好きなことはすぐに実行に移すかも」。ふつうは年齢とともに面倒な気持ちが生まれたり、腰が重くなるところ。それが培った経験と知識ゆえの瞬発力。それこそが誰もが憧れる、素敵な年齢の重ね方そのもの。

そんな大塚さんが語ってくれた、もうひとつの微笑ましいエピソード。「庭に置いたソファに、春の花粉がついてしまい、洗いたいなあと思ったんです。でも大きなソファでカバーを外すのがものすごい大変。次の瞬間『新しいカバーを縫って被せてしまおう』と思いつき、即行動。すぐに布を8m買ってきたんだけど、途中で足りなくなり、最終的に10m以上縫ったかな。外した方がきっと楽でしたよね(笑)。でも無心で布を縫っていたら気も紛れ、楽しかったですよ」
うじうじ思い悩むよりとりあえず動いてみる。そんな前向きの性格のせいか、大塚さんはよく笑う。撮影中やインタビュー中もスタッフと話しながら、楽しそうに笑っていることが多い。
「幸い、イヤなことがあってもひと晩寝ると忘れる性格で(笑)。私が笑っていれば、家族や周りも楽しいんじゃないかな。素敵に年齢を重ねるって、いつも笑っていられて、毎日を機嫌よく過ごせることだと思うんです」

女らしさと可愛さを演出するラベンダーカラーのTシャツ。
Tシャツワンピース1万1000円、ストライプパンツ2万4000円(ともにロク/ロク ビューティ&ユース 渋谷キャットストリート店) ハット3万8000円(ジャネッサレオネ/ウィム ガゼット ルミネ新宿店) バッグ3万4000円(セルプイ/ロンハーマン) イヤリング2万2000円(メルセデス サラザー/ユナイテッドアローズ アトレ恵比寿 ウィメンズストア) バングル(上)1万2000円、バングル(下)9000円(ともにアルティーダウード/サザビーリーグ)

出典:「GLOW」2018年7月号
撮影=YUJI TAKEUCHI〈BALLPARK〉 スタイリング=安藤眞理 ヘア&メイク=小田切ヒロ〈LA DONNA〉 取材&文=今井恵

大塚 寧々 Nene Otsuka
1968年東京都出身。日本大学芸術学部写真学科卒業。
テレビ朝日系列「おっさんずラブ」レギュラー出演中。大塚寧々スタイルブック「寧々カジ134」(宝島社刊)も発売中。
  • SHARE
  • facebookでシェアする
  • google+でシェアする
  • Line It

pagetop